バスト 大きさ 遺伝

バストは遺伝だから・・・とあきらめる必要はありません

DNAのイメージ

 

どんなに頑張っていても、バストが大きくならない、なかなか効果が見られないという方も多いのではないでしょうか。

 

こうなると遺伝的な要因も考えてしまうところですが、バストの大きさに遺伝はどのくらい関係しているのでしょうか。

 

バストの大きさはすべて遺伝とは限らない

バストが小さい方にとって、どうしても気になるのが遺伝的な要因です。

 

親も、親族も、もちろん姉妹もみんな小さいとなれば遺伝なのではないかと疑いたくなる気持ちもわかりますが、実はバストの大きさは遺伝だけが関係しているわけではありません。

 

親が小さくても豊満なバストを持っている女性はたくさんいます。ただ、大きくなりやすいタイプというのは遺伝的なものも関係していますので、そういった意味ではすべてが遺伝ではないとも言いきれないのが現状です。

 

太っている家系に太っている人が多いのは、遺伝というよりも生活習慣や食生活を太っている人と共にしているため、本来は太る体質ではかったとしてもふくよかな体型になってしまうのです。

 

バストの大きさも、これと同じことが言えます。

 

バストの大きさは女性ホルモンと脂肪が関係してくる

女性に限らず、男性も女性ホルモンは分泌されていますし、脂肪もあります。

 

女性は男性以上に脂肪と女性ホルモンが分泌されています。ですから、大きさはどうであれバストに膨らみが出てきて女性らしい体型になるのです。

 

つまり、体質的にバストが大きくなりやすいというだけであって、後はどの女性も変わりありません。

 

人間何でも努力すれば目標に近づくように、バストアップも努力次第で体質云々ではなく大きくすることは十分に可能なのです。

 

人それぞれ、どんな方法でバストアップをすればいいかが異なります。

 

ですから、自分にあった方法を取り入れることが大切です。勉強も、自分がやりやすいようにやっていかないと理解できないのと同じです。

 

今現在まで、いろいろなバストアップの方法が登場しています。それぞれに特徴も違えばメリットも違います。

 

デメリットがあることもあるでしょう。遺伝に関係なく、方法によってはバストアップも夢ではありません。情報をしっかりと収集し、安心で安全、手軽に試せて効果がある方法でバストアップを実現させましょう。